シェイクダウン

ニューマシンが完成しました。
って、一週間ほど前ですけど(笑)

KONA Cinder  Cone ’09 (フレーム組み)
Ca3b0081














1月にフレームを購入。
フレーム購入まで構想2カ月。
妄想3カ月(笑)

完成車バラシなのでフレーム単体で考えると、割高感がありますが、自分では満足しています。
ただ、16インチなんですが、17インチでも良かったかなぁと・・・

見た目なんか、無理やりポスト伸ばしてポジション合わせてるように見えるので。
実際、乗ってみると、小さい感じは全く無いですが。

おおまかなパーツ類は、前車、ルイガノ バート プロから移植。

チェーン、シートクランプ、フロントローター、タイヤ、ワイヤーは新品を購入。
ヘッドは規格が違うので、タンゲ テクノグライド J-27を購入。

アウターも一本一本、ヤスリで切り口を整えたり。
自分のマシンだからこそ、やった部分も多々。

ブレーキは予算不足から油圧化は見送り、ローター径のアップで対応。
色々と調べても、シマノの機械式ディスクでローター径をアップしている方は見つからず・・・
ならばやってみようということで、運良く某オクでアダプター付きのXTR180mmローターを発見。

使ってみても、全く問題なく使えています。
ただ、えらくパッドの減りが早いような・・・




早速、千歳、北広島と乗ってきましたが、半端なく体力が落ちていたので、正確な比較は出来ず(笑)


ただ、一言で言うと、乗りやすい!!

フレームサイズが変わったのが、大きな効果だと思いますが、とにかくコントローラブル。
タイヤも、マキシス デトネイターに換えたおかげで、かなりグリップします。

正直なところ、フレームの味付けは現段階では体感出来ず。
ルイガノって、散々言われてますが、素人に毛が生えた程度の人間が乗るなら、どのメーカーもそこまで差は無いんじゃないかと。
KONAは頑丈だ!!
なんて言われてますが、このクラスのバイクに当てはまるかどうか。。。

最近のトレンドは、アップライトなポジションらしいので、そのうちライザーバーに変更しようかな。
長距離辛いか・・・

ポチッとクリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ

SALSA

勢いでポチッとしてしまった、サルサのクランプ。
新品未使用品だったりします(笑)
久々の掘り出し物♪

Dscf0004_2











以前はBBBのクランプを使っていたんですが、トムソンポストでも下がってるくるんですね~
体重重いってのもありますが・・・

そんなわけで、狙ってた赤のクランプがちょうど良く出品されていたので、ポチっとな。
まさか落札すると思ってなかった・・・
かなり安く落札出来て、ラッキー。
学生の身分で、こんなものに定価3千円も払えんので・・・


で、到着してから、KONAにいざ装着。

アッアレ?

つかねぇ・・・

サイズは合ってるんですが、どうやらフレーム側の精度の問題らしい・・・
まぁ、フレームの角を削ったら入りました。
削ったところで、剛性には全く関係無い場所なので。

ヘッド、シートクランプ、バーエンドキャップ、同じ赤なんですけど、微妙に色が違うんですよね・・・
ヘッドとエンドキャップの赤は言われなきゃ気が付かないレベル。
サルサのクランプだけ、浮いてます。
キングのヘッドなら・・・(笑)

ポチッとクリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ

ヘッドパーツ交換完了

ROCK5000のヘッドパーツの交換が終わりました。

外す時よりも、圧入のほうが簡単でした。

詳しい事は、他のサイトなどで紹介されていますので割愛させていただきます。
真っ直ぐ入れるために、叩きました(笑)
軽く叩いても、影響はなさそうです。

Ca98kffk











諸事情により、ゴールドだったはずなのに、黒になっています(笑)

ヘッドの交換が終わってからは、ディレイラーのオーバーホール。
Ca3b0067











こちらもそれほど大変な作業ではありません。

Ca3b0068












こんなにピカピカに。

って、画像ではわかり難いですね。




ここでは、ニューフレームの発表がまだでしたね。

KONA Cinder Cone 09

フレームのみでございます(笑)

Ca3b0070











BARTとこんなにも違います。
慣れるまで、またしばらく掛かりそうです。
海外通販のサイトでは、XTの油圧のデュアルコントロールレバーのセットがいつまで経っても欠品のままなので、いつ組み上がるかわかりません・・・(-_-;)


部屋にこんなに置けません(笑)
自転車と添い寝してます。
Ca3b0069













ポチッとクリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ

こんな感じでしょうかね。

はい、どうも。

センター試験が終わってホッとしています。
私立のセンター利用なので、2次試験は無し。
北大なんかにゃ遠く及ばない学校なので、上位3教科のセンターが、4割五分も取ればギリギリ受かるらしい・・・
まぁ、俺はかなり余裕持って出願出来そうです。(笑)


国公立&私立一般の方々には申し訳ありませんが、お先に自転車イジリ始めます。

さてさて、フレームは良いとして、他のパーツをどうするか。

ヘッドパーツが付いておりません(笑)
天下のキング様も考えたんですが、この際なのでROCK5000のヘッドも換えてやろうかと。
ちょっとだけ奮発して、KONAとお揃いのヘッドにしてあげよう(笑)
タンゲ テクノグライド J-27

KONAは赤で、ROCK5000はゴールド(爆)

2個買っても、クリスキング一個分だもの。

え?
キングは2万くらいするだろって?

いやいや、流行の海外通販ならキングも1万ちょっとで買えちゃうんですね~

これを利用して、ついでに油圧ブレーキに。
770系XTのデュアルコントロールで、フロントは180mmにローター径アップ。
デブはこれくらいないと止まれない(笑)
これで3万切るなら安いと思いませぬか?

日本の代理店って、お金取りすぎなんですよね~
ロックショックスなんて、2~3万は安いですし。
トムソンとFOXは日本とあまり差がありません。
代理店様の頑張りでしょうね。

タイヤなんて、本当に半額ですよ。
物によっては、7割くらい安いものも・・・

と、言ってもやはり日本にお金落とさないと(笑)

ポチッとクリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ

ニューフレーム

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくおねがいします。

さてさて、悪夢から早数ヶ月・・・
フレームにまで被害が及んでいたという・・・
その後もレースで使ってましたので、気にしなければ使えそうな気もするのですがねぇ。

KONAで復活すると宣言していましたが、この度復活出来そうです。
チームの方には本当に感謝しています。

金銭的な問題はクリア。
あとは運任せです(笑)

隠すほどでもありませんが、コチラです。
09bikecindercone2






完成車ではなく、フレームのみです。
自分のミスとはいえ、フレーム破損で買い替えは痛い出費です・・・
まぁ、実際のところ、バートのフレームも大きすぎたのでちょうど良いかな(笑)
バートは大きいフレームのおかげか、高速巡航はMTBの割にえらく快適でしたが、これはちょっとキツくなりますね、多分。


今年は安全にも気を使おうと思いまして、こんなものも。
1







ライトです。
今までも十分だったのですが、それでも突っ込んでくる馬鹿者が居たので・・・
調べてみると、このライトの前モデルは結構な評判らしく、ANTAREX NRX-25よりも安くて明るいらしい・・・
点灯時間は短いですが、しょっちゅう乗るわけでも無いから良いかなぁと。
7千円ちょっとで買えるそうなので、買ったらレポートUPします。


そこのあなた、俺みたいにパソコンばっかり向かってたらダメですぞ(笑)

ポチッとクリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ

フォーク交換などなど。

一応、トラ車のROCK5000。
こんな事になってました・・・
そんなわけで、修理のためにあさひにて、フロントフォークを注文。

バズーカ クロモリフォーク

もうちょい安いフォークもあったんですが、肩下長が短く、ジオメトリーの大幅な変化がどうなるか分からなかったので、ちょっと頑張ってこのフォークにしました。


いきなりですが、コラムカットww
001_2











金ノコで切ろうと思ったら、なかなか切れず、面倒になったので、パイプカッターでカット・・・
絶対に真似しないで下さいww
あとで、面倒な事になります。

パイプカッターで、カットすると盛り上がる部分が出来るので、そこを削ります。

それから、スターファングルナットの圧入。
要らなくなった、ちょうど良いサイズのボルトを入れて、金槌で叩き込みます。
いきなり叩き込まずに、少しづづ叩きましょう。
この方法では、真っ直ぐには入りませんので、修正しながら叩いていきます。
途中で指挟みました・・・
ちょっとズレたけど、無事に圧入完了【`ω´o】9。o○(ヨシ!!)

次は、下玉押しの圧入。
002




















圧入の前に、軽くフォーク側の下玉押しの台座を整えました。
ここは、値段相応の処理でした。
出来るなら、キチンとしたショップで、削ってもらう事をオススメします。

ちなみに、古いフォークから、下玉押しはマイナスドライバーで外しました。
フォークに傷は付きますが、案外あっさり外れます。

圧入は、ホーマックで、適当な塩ビパイプ買ってきて、下玉押しを叩き込みましたww
塩ビパイプが長すぎです・・・
まぁ、切るのも面倒だったので、そのまま使ったんですわww


こんな感じに、下玉押しの圧入も完了。
003











思ったよりも綺麗に出来ました。
まぁ綺麗に出来ないと、非常に困るのですが・・・


ここで、ROCK5000の純正フォークとの比較。
004











肩下長の長めのリジットフォークでも、やっぱりサスフォークと比べると、短いのは仕方ありませんね。

あとは、元に戻すだけです。
ここでトラブル発生・・・
ステムが入りませんガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!
まぁ、パイプカッターで切ったので、盛り上がってる部分がちゃんと削れてなかったんです。
もう一度削り直して、組み立てました。


完成です!!
006















ついでにバッシュガードも装着。
007











FSAの物が安かったので・・・
シマノ純正は、あさひで品切れ中だったのでコレ。
綺麗なクリアは、最初だけなんだろうなぁ・・・


ポチッとクリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ

フォト

リンク

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ