« ツーリング車 | トップページ | バカじゃね? »

自転車よけ運転手死亡

茨城県取手市の国道交差点で4月、自転車を避けようとしたトラックが民家に突っ込んで運転手が死亡する事故があり、取手署は自転車の無職男性(96)(取手市)が赤信号を無視したのが原因として、男性を重過失致死容疑で水戸地検龍ヶ崎支部に書類送検した。

Click here to find out more!

 県警によると、車と自転車の事故で、自転車側を同容疑で立件するのは異例という。

 同署関係者によると、自転車の男性は4月7日朝、赤信号を無視して国道交差点を横断し、自転車を避けようとしたトラックを右側の民家に突っ込ませ、千葉県柏市の男性運転手(当時53歳)を死亡させた疑い。トラックは前部が大破し、運転手は腹などを強く打った。自転車の男性もトラックと接触して転倒、頭に軽傷を負った。

 同署関係者は「危険な運転が事故を誘発しており、悪質性が高いと判断した」としている。重過失致死罪は、5年以下の懲役もしくは禁固、または100万円以下の罰金が科せられる。

(2008年10月23日03時08分  読売新聞)





やっと警察もマトモな判断を下すようになりましたか。
「交通弱者」

この言葉自体、考え直したほうが良いと思います。
そもそも、公道、いや社会に出た時点で、そこは自己責任の元に成り立つべきです。
このニュースのように、信号無視するなら、万が一の時は責任取るのが筋ってもんです。
少なくとも、一般常識的に信号無視は悪い事だってわかるでしょう。
しかし、仮にこのドライバーが老人を轢いていたら、警察の判断も変わってきたと思います。
俺はよく言うことがあります。
「最低限の決まりを守れない奴や、モラルの無い奴にとやかく言われる筋合いは無い」

最近の報道でよく取り上げられる、暴走自転車。
確かに悪質ですが、歩行者だって、自転車が走る事を考えて歩けば、自転車が人の間を走っていく事も無くなるでしょう。
違いますか?

朝の通学時、基本的には歩道を走ります。
毎朝通る道は、しっかりしたサラリーマンの方が多く、左端を一列で歩いてくれています。
対向して来る歩行者や、自転車が通る事を考えてあけてくれているのでしょう。
これが暗黙の了解となっていますが、空気の読めないバカもたまにいます。
そりゃ、自転車は基本的に車道ですから、ベル鳴らしたりはしませんが、歩道のど真ん中歩いてフラフラしてたり、横一列で歩いてる連中は、頭に来ます。
だって、歩いてたって邪魔なんだもんww



そもそも、車道歩いてて車の邪魔になってるのに避けないアホが最近多すぎです。
車が待ってくれるとか、車が避けていくとか考えてるんでしょうね。
ふざけるなよ。
まぁ、交通弱者なんて事は言わずにすれば、自然にマナーも良くなるでしょう。
死にたくなければ、車道に飛び出たり、座り込んだり、遊んだりもしなくなるだろうし。


「車道は危ない」
幼稚園で習った事だと思うんですけどw
本当に亡くなったドライバーさんは、不幸だと思います。
ジジイを避けたら亡くなり、仮にも避けきれず轢いていたら、懲役刑・・・
逃げ場がありません。
96歳まで、一生懸命生きてきたのはわかるけど、自分より年下の人死なせてどういう気持ちなんだろうか・・・

« ツーリング車 | トップページ | バカじゃね? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ツーリング車 | トップページ | バカじゃね? »

フォト

リンク

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ